トップページ

第99回東京箱根間往復関東大学対校駅伝競走(1月2~3日)

花田勝彦監督が想定(設定)した総合タイムは、10時間53分30秒だった。結果は、10時間55分21秒。1区がスローペース  [ 続きを読む ]

2023-01-15

第35回上尾シティハーフマラソン2022(11月20日)

前回の記事(全日本大学駅伝)で、菅野雄太や伊福陽太らが「スポ科軍団」を脅かす存在になってほしいと書いた。その伊福が、いき  [ 続きを読む ]

2022-11-20

第54回全日本大学駅伝対校選手権大会(11月6日)

扉の写真には説明が必要だろう。 近鉄宇治山田駅には「駅ピアノ」が置かれている。そこに、今大会にエントリー登録されたものの  [ 続きを読む ]

2022-11-07

第99回東京箱根間往復駅伝競走予選会(10月15日)

まずは、立大の復活を素直に喜びたい。上野裕一郎監督は100回大会での本選出場を目指していたようだが、1年早く目標を達成。  [ 続きを読む ]

2022-10-17

第91回日本学生陸上競技対校選手権(9月9~11日)

1500mにも、10000mにも早大選手のエントリーはなく、ワセダ「推し」としては、寂しい大会となった。しかし、花田勝彦  [ 続きを読む ]

2022-09-20

第106回日本陸上競技選手権大会(6月9日~12日)

陸上長距離のレベルは、ここ数年、急速に上がり、日本選手権に出場するハードルもそれなりに高くなっている(出場には、参加標準  [ 続きを読む ]

2022-06-25

関東インカレ(3・4日目 5月21、22日)

関東インカレ最終日には、長距離決勝が3種目組まれていたが、3000mSCで、菖蒲敦司(扉の写真)の優勝、北村光の6位入賞  [ 続きを読む ]

2022-05-24

関東インカレ(2日目 5月20日)

長距離選手の表彰台は、大会初日の10000mにつづいて、1500mでも実現した。このままの勢いで、ハーフマラソン、300  [ 続きを読む ]

2022-05-21

第101回関東大学対校陸上競技選手権大会(1日目 5月19日)

9年ぶりの国立競技場開催となった「関東インカレ」初日、10000m決勝で、井川龍人が2着と好走した。早大選手が、1000  [ 続きを読む ]

2022-05-21

第106回日本陸上競技選手権大会・10000m(5月7日)

陸上競技のビッグゲームは、東京オリンピック以来の国立競技場開催とあって、10000m1種目の大会にもかかわらず、6000  [ 続きを読む ]

2022-05-21
Page 1 of 3612345Next ›Last »